祇園・木屋町・河原町エリア

祇園・木屋町・河原町エリアの特色
古くから伝承されてきた遊興&繁華街である祇園・木屋町・河原町エリア。

八坂神社(江戸時代までは祇園社)の門前町として栄え、京都有数の花街として世界的に有名な祇園。江戸時代中期から通りの往来人を目当てにした料理屋や旅籠といった酒楼娯楽を形成し、維新の志士たちにも愛された木屋町。中世から政治や経済に影響を与える人物が営み、現在では京都を代表するファッションと食の発信地とされる河原町。

いずれも歴史ある繁華街で、否が応でも目に留まる古からの家屋とその街並みは、風格すら感じられます。それもそのはずで、街並みの目と鼻の先には歴史ファン垂涎の名立たる名所や史跡スポットが数100年前から鎮座し、日本中の人々からその佇まいを愛され、また親しまれ続けて来ているからでしょう。

近年では、前述した八坂神社を始め、建仁寺に六角堂、鴨川の流れといった名所に世界中から観光客が訪れ、朝な夕なと大変な賑わいをみせています。

古来から賑わいをみせる街では、至極当然のように性風俗文化が栄えています。飲酒後の男性が女性を求めるのは自然の摂理。これに応えた形が古くは花街であり、現在ではヘルスやイメクラ、そしてデリヘルでしょう。多少語弊があるかもしれませんが、舞妓さんがいわゆる風俗嬢になったイメージでしょうか。

舞妓さん=現在の風俗嬢というイメージと聞くと、全体的に高級で値が張るのでは?と考えがちですが、決してそんなことはありません。もちろん中には高級感を前面に出して営業するお店もあるとは思いますが、一般的にこの界隈の風俗店は他の主要都市と同等の値段設定です。逆に他の主要都市に比べて嬢たちのビジュアルの質が高いので、割安感があるぐらい。また、これまた語弊があるかもしれませんが、京都ならではのプライドが鼻に付くのでは?と考える方もいるようです。特に関東の方が関西在住の方よりもこの不安に駆られがちですが、それは完全に杞憂でしょう。試しに一度遊んでみれば、納得できると思います。

遊ぶとなると、その性風俗の形態を選択することになります。しかし基本的に一大観光地である京都府内では、街の景観に関してかなり厳しいこともあり、店舗型の風俗は少ない傾向にあります。するとやはり、選択はデリヘルとなるでしょう。もちろんそんな背景からデリヘル店はかなりあるので、ジャンルの選択に困ることはなく、欲望の赴くままに若い子系、熟女系、人妻・若妻系、ぽっちゃり系…と選択できます。

祇園・木屋町・河原町エリアのデリヘル店の傾向は、意外にも人妻・若妻系の人気が高いということ。お店の数も他のジャンルより多く、その盛況ぶりが窺えます。京都弁を喋るエロい人妻と旅先で…。この妄想に抗し切れる男性は、なかなかいないのでしょう。皆様も肩肘張らず、是非とも一度遊び楽しんでみてください。
Page Top