京橋・桜ノ宮エリア

京橋・桜ノ宮エリアの特色
京橋は関東の江戸と関西の大坂を結ぶ東海道五十七次(東海道五十三次は江戸~京まで)の終点であり大坂の玄関口であった。
このような歴史的な背景もあり歓楽街としても歴史が古くディープな大阪を味わえる。
街を散策すれば古き良き時代のサロンやストリップなども今なお残っており目にすることができるだろう。こういうところに立ち寄ってみるのもまた一興かもしれない。

ただ歴史のある繁華街の常として、現在の京橋の繁華街も街としての新陳代謝、世代変更が進んでおり、ここ数年では新興勢力としてエステ店などが台頭してきている。
しかし「京橋」というネームバリューのある土地柄でもあるためデリヘルのグループ店は京橋支店という型で出店している傾向が多く見受けられる。
一方、桜ノ宮は桜ノ宮駅の西側にある大川を渡ると帝国ホテル大阪や大阪アメニティーパークがそびえるビジネス街が広がる。
街並みを見ても風俗、夜のお遊びという雰囲気はほとんど感じられない。
駅周辺は住宅が多く立ち並び、川沿いに南下して行けば桜ノ宮神社があり春は桜の名所となる。
この桜ノ宮神社周辺はラブホテル街になっておりデリヘルを利用する客が使用することも多い。
春はホテルから桜を見ながらデリヘルで遊ぶのもまた楽しいのでは?
Page Top